トップ > 商品 > 今月のおすすめ > 【6月のおすすめ】
夏RAICHOUと酒粕ガトーショコラ

【6月のおすすめ】
夏RAICHOUと酒粕ガトーショコラ

<セット内容>
■夏RAICHOU (純米無濾過原酒)720ml × 1本
■酒粕ガトーショコラ×4個

思うように旅行に行ったり、呑みに行けない今日この頃。
家呑みを楽しい時間にしていただくべく、月替わりで白馬錦のお酒と、地元のおいしい逸品をセットにしてお届けしています。

 

【 夏RAICHOU 】

分類:純米酒(無濾過原酒)
原料米:信濃大町産ひとごこち
精米歩合:65%
アルコール度数:16%
日本酒度:-2
保管:開栓前は冷暗所に、開栓後は冷蔵庫に保管の上、お早目にお召し上がりください。

 

1回火入れのお酒とは思えないほど、フルーティーな香りとさわやかな甘味、とてもキレの良いお酒です。暑い日には、しっかり冷やしてお召し上がりいただくのがおすすめです。

————————————————–

 

雷鳥は、大町市のシンボル・市の鳥です。
日本アルプスの中で2,000メートル以上の高山にのみ生息し、国の特別天然記念物に指定されています。”ゴロゴロ”と鳴くことから、”雷鳥”と名付けられました。キジやヤマドリと同じ仲間で、飛ぶことはあまり得意でなく、天敵から身を守るために、夏のオスは黒褐色、メスは茶褐色、冬は真っ白に衣替えする鳥類の中でも珍しい3換羽です。夏は繁殖期で、オスはトサカが赤くなります。

 

 

市立大町山岳博物館では2016(平成28)年からライチョウの飼育が約12年ぶりに再開されました。保全の必要性が高まっているライチョウを生息域外で育て増やし、その技術を確立するための試みです。山岳博物館のホームページではライチョウの成長過程が公開され、雛から成鳥まで日々、季節ごとのかわいい姿を見ることができます。

雷鳥を守っていくためにも、日々の様子を多くの方にご覧いただきたいと思い、お酒のラベルに雷鳥デザインと、雷鳥日記QRコードをつけました。ご覧いただけたら幸いです。

 





【 酒粕ガトーショコラ 】


白馬錦 × コンディトライ・アン・マリーレ、異色のコラボケーキ!


この度、白馬錦の酒粕を用いたガトーショコラが登場!

長野県・大町温泉郷に佇むケーキ屋さん「コンディトライ・アン・マリーレ」の手によるカカオ58%の薫り高いガトーショコラと、白馬錦の吟醸粕が異色の出会いにより、特別なケーキが生まれました!

突き抜けるビターテイストと吟醸香が織りなす、香りの二重奏。
そしてそれに負けない、バターをふんだんに使用したコクのある生地が、美味しいオトナのひと時を演出します♪


▼▼酒粕ガトーショコラを作っている、オーナーパティシエール間橋 杏さんにお話をお伺いしてきました▼▼

 

 

 

\間橋 杏さんのご紹介/
・東京出身
・長野オリンピックの年に両親の別荘が温泉郷にでき、中学生の頃からよく大町にスキーに来ていた。
・専門学校のカリキュラムにヨーロッパへの研修がありオーストリアへ半年留学。
・卒業後、軽井沢ホテルブレストンコートに就職。社内異動で同じ系列ホテルのリゾナーレ小淵沢へ。
・26歳の時に大町市へ移住し、「コンディトライ・アン・マリーレ」をopen。
・猫が好き



Q:「なぜ温泉郷にお店をオープンしたのですか?」
A:「ずっと遊びに来ていた温泉郷にお店をだしたいな~と考えだしたころ、目立ってこれがあるというわけではなく、小さなところで、こだわったものを作っている人が多かったことが印象に残りました。
もともと地元の素材を作って地産地消でケーキを作りたいと思っていたので、大きくやっていなくても、小さい生産者さんからこだわったものを仕入れられたらと思ったんです。」

 

Q:「コンディトライ・アン・マリーレの名前の由来はなんですか?」
A:コンディトライ=ドイツ語でケーキ屋さん
アン=杏さんの名前
マリーレ=ドイツ語であんず
「ウィーンに留学していたとき、ドイツ語では「あん」が言いずらく、マリーレがあだ名になりました。」

 

Q:「オープンしてどれくらいたちますか?」
A:「オープンは2011年4月なので、今年で10年目になります。
友達からプレゼントが届いて、10年ということに気づきました。
頭の片隅にはあったのですが、アッという間で、すっかり忘れていました!」

 

Q:「お店のある場所は観光地ですが、観光のお客様が多いですか?」
A:「温泉帰りによってくれるおじいちゃん、おばあちゃん、ホテルの中居さんなど地元のお客様が来てくれます。」


Q:「なぜ酒粕をスイーツに使おうと思ったのですか?」
A:「ケーキを作るときにその地域の特色を生かしたいと思いました。
大町には三つの酒蔵があり、これっていい環境だと思うんです。
酒粕を使用することにしたのは、ケーキは火を入れるので日本酒そのものを使うより、酒粕の方が香りもしっかりしているし、乳製品とも相性が良く、また吟醸粕は普通の酒粕よりもフルーティーでお菓子に合うかなと思ったのがきっかけです。」

 

Q:「杏さんからみて、大町の魅力は何ですか?」
A:「山がすごく近いです。山の影響をダイレクトに受けます。
近くの木が伐採されたことで、風がビュービュー抜けるようなったなとか、生活の中に自然がなじんでいるんです。
東京にいるときは、季節の移り変わりは「暑くなったね、寒くなったね」くらいだったけど、大町では、日が落ちるのが見えて、だんだん長くなってきたねとか、短くなってきたねなど、暑い寒いだけでなく、霜がおりたら、りんご大丈夫かなとか、季節を肌で感じる、自然ってすごいなと感じます。
以前、お店の前にカモシカが来たこともありました。
カモシカが来ることだけでもびっくりしたのに2頭が喧嘩してお店のドアに体当たりしてきたこともありびっくりしました。(笑)」

Q:「最後にお客様へメッセージをお願いします。」
A:「電子レンジで温めて食べてください。袋からだしてラップはせず、20~30秒くらい。より酒粕の香りが増して美味しくなるよ~とお客様から教えていただきました。
コロナが落ち着いたらぜひ、大町にもお店にも遊びにきてください(^^)」

 

大町温泉郷の洋菓子店コンディトライ・アン・マリーレ

 

    味わいマップ

    【6月のおすすめ】<br>夏RAICHOUと酒粕ガトーショコラ

    おすすめの飲み方

    熱燗
    ぬる燗
    常温
    冷や
    ロック