トップ > > お知らせ >

令和2酒造年度 全国新酒鑑評会『入賞』受賞。

2021.05.21

CATEGORYお知らせ

令和2酒造年度全国新酒鑑評会の結果が5月21日に発表され、白馬錦は『入賞』をいただきました。
おしくも「金賞」とはなりませんでしたが、「信濃大町テロワール」にこだわった酒造りを評価いただけたことは、コロナ禍で暗いニュースが多い中、大変うれしく、未来に向かってのパワーになります。

全国新酒鑑評会は、全国規模で開催される唯一の清酒鑑評会で、製造技術と品質の向上を目的に開催され、今年で109回目を迎えました。今回の鑑評会では821点が出品され、そのうち成績が優秀と認められた「入賞酒」は413点、入賞酒のうち、特に成績が優秀と認められた「金賞酒」は207点でした。

日頃よりご愛飲くださっているお客様、お米農家の方々はじめ、白馬錦を支えてくださっている多くの皆様に感謝申し上げます。

また、都道府県別で最も多くの金賞を獲得したのは福島県と長野県で17点。入賞蔵数は長野県が全国1位となり、長野県のレベルがアップしています。そのような県で、お酒を造れることはありがたく、これからも切磋琢磨し、美味しいお酒をお届けできるよう頑張って参ります。

今後とも、白馬錦をどうぞよろしくお願いいたします。